ママ薬剤師のおくすり分析とつぶやき

ママ薬剤師のおくすり分析とつぶやき

子供に使える市販薬の裏話を「薬のプロ」がわかりやすく徹底解説!

ムヒのこどもかぜ顆粒a 分析

参考:Amazon

 

「ムヒのこどもかぜ顆粒a」を分析します。

ムヒのアンパンマンかぜシリーズのお薬です。

 

 

ムヒのこどもかぜ顆粒aについて

効能・効果

かぜの諸症状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

 

対象年齢

1才~10才

1歳未満は服用しないでください。

2才未満の乳幼児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させてください。

 

ムヒのこどもかぜ顆粒aの成分について

有効成分として、”アセトアミノフェン”、"クロルフェニラミン"、"チペピジンヒベンズ酸塩"、"メチルエフェドリン"が配合されています。

 

アセトアミノフェン”とは

アセトアミノフェン”によって、熱が下がり、痛みが楽になります。

 

”クロルフェニラミン”とは

”クロルフェニラミン”によってくしゃみ・鼻づまり・鼻水が楽になりますが、眠くなってしまうことも・・・。

夜に眠くなるのはかまわないと思うのですが、日中はどうでしょうか?

一日のどのタイミングでムヒのこどもかぜ顆粒aを使うのが良いのか、様子をみてください。

 

"チペピジンヒベンズ酸塩"とは

脳の咳中枢に作用して咳をしずめ、痰を出しやすくします。

 

"メチルエフェドリン"とは

気管支を広げ呼吸を楽にして、咳をしずめます。

ただ、交感神経が刺激されるので興奮してしまうことも・・・。

むやみやたらと元気になってしまう場合は、"メチルエフェドリン“のせいかもしれません。

 

番外編

ムヒのアンパンマンかぜシリーズにはシロップも存在していましたが、2020年に自主回収騒ぎがあった様子。

ムヒの子供用薬を自主回収 775万本、池田模範堂 - 産経ニュース

イメージを気にしてなのか、2年経った今もアンパンマン印のシロップは販売されていません。

ムヒの池田模範堂に責があるわけではなさそうなので、残念でなりません。

 

まとめ

「ムヒのこどもかぜ顆粒a」に”アセトアミノフェン”が配合されていることに驚きました。

アセトアミノフェン”って、熱を下げるため子供が服用できる数少ないお薬なので、病院でも出されてます。

これは医者いらずの風邪薬かもしれません。

そして、なんだか添加物が多いな〜と思ったらまさかのイチゴ味

ムヒのアンパンマンシリーズは味を工夫しているそうなので、これならおやつ感覚でごっくんできるかもしれません。

 

ただ、「ムヒのこどもかぜ顆粒a」の説明書には「5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止」と書いてあります。

基本は1日3回なので、2日間で治ればよし、治らなければ「ムヒのこどもかぜ顆粒a」は中止してください。

アセトアミノフェン”と"チペピジンヒベンズ酸塩"が配合されているので、自己判断での服用期間は確かにこの位が安全だと思います。

 

参考サイト

以下のサイトを参考にさせていただきました。

ムヒのこどもかぜ顆粒a|池田模範堂Amazon 楽天